賃貸の水のトラブルに備える

賃貸で水のトラブルになったときに、貸主や他の住人とのトラブルになることがあるので備えが必要です。

まず、水のトラブルの修理費用などは故障の原因で誰が負担するのか決まりますが、契約内容も確認しておきましょう。貸主は設備を維持する義務があり、維持費は賃料から徴収しているので老朽化などの設備の不良が原因であれば貸主が負担することになります。

もし契約に特約があり、老朽化でも住人が負担するような記載があったとしても、何でも有効になるものではないので基本的には適用されません。しかし、その内容を承諾して契約しているため、払う必要がないと主張する場合があります。これを避けるために、入居する際に事前に調べておくのが適切です。賃貸物件に入居するときに、火災保険の加入が任意である場合でも検討をした方が良いです。

過失による水のトラブルで他の住人に被害が及んだ場合、その賠償額が高額になることがあります。しかし、保険の特約の中には水のトラブルによる被害をカバーできるものがあるため、補償の範囲を確認して加入しておくと万一のときでもほぼ支払いが不要になり安心です。

水のトラブルの対応の手順も貸主に聞いて確認し、緊急時に間違えないように備えます。賃貸物件は貸主が管理しているため、原因が何であっても原則として貸主に連絡して手配してもらいます。連絡が取れず、水漏れの勢いが激しいなどの時間の余裕がない場合以外は自分の判断で修理を依頼しないように注意します。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *