賃貸の水のトラブルの適切な対応

賃貸物件の水のトラブルは対応方法のルールがあるので、余計なトラブルにならないように注意が必要です。

水のトラブルは放置しても直らないので修理を依頼することになりますが、通常は自分の判断で呼ぶことができません。物件は貸主や管理会社が管理をしているため、そこに連絡して手配してもらいましょう。ここで自分で手配するように指示された場合、比較して最適な会社に依頼します。

また、貸主などに連絡をしても夜中などは繋がらない場合がありますが、水道管が破損しているなどの緊急性の高い状況では待っていられません。このときも例外として自分で依頼することになりますが、その際に何が原因であるのか証拠書類を残してもらうと良いです。修理の費用は老朽化による場合は貸主側、使い方に過失があれば貸主側の負担になります。これは設備の維持費が賃料に含まれているからであり、過失がなければ支払う必要はありません。

良心的な貸主は水のトラブルの費用負担で揉めれば入居者を逃がすことになるので、老朽化が原因であれば支払いに応じますが、中には拒否する場合もあります。そのため、入居時の契約内容の確認の際に、水のトラブルに関しても質問して明確にしておくと良いでしょう。

なお、老朽化が原因の場合でも修理が必要になると把握しており、それを無視して使い続けたために水漏れが激しくなって被害が拡大した場合、過失であると判断されることがあります。異常が見つかったら、すぐに対応した方が良いです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *