賃貸で水のトラブルになった場合に注意すること

賃貸物件で水のトラブルになったときは誰が修理費用を払うか問題になり、トラブルになることも多いです。

これを回避するには、入居契約をするときに過失がない場合には貸主側の負担になることを確認して明確にしておきましょう。貸主は設備を維持する義務があり、管理費は賃料に含まれています。一般的には特約として借主が負担すると記載されていた場合でも否定されますが、その条件で契約していればスムーズに応じることはないので認識を共有することが重要です。

また、水のトラブルになったときにどこに連絡をするのか聞いておきましょう。通常は貸主に連絡して修理の手配をしてもらいますが、自分で対応して良いと言われる場合もあります。自分で修理の手配をするときは、その原因を明確にしないと費用の支払いを断られることがあるので注意します。書類を作成してもらったり、作業員から貸主に原因の説明をさせるなどの対応をすると良いです。

漏電が発生する危険性もあるため、電気会社にも連絡を忘れないようにします。蛇口を閉め忘れるなどの過失で水のトラブルになり、それが他の入居者に損害を与えたときには弁済が必要です。

しかし、床や天井の修理費に家財の弁済まで含めると高額になり、容易に支払えない金額になる場合もあります。もし入居する際に火災保険に加入している場合、その対象になることがあるので確認しておきましょう。個人賠償責任特約があれば、他者に与えた損害を補償でる場合があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *