賃貸で水のトラブルの費用負担はどうなるか

賃貸物件で水のトラブルになったときに修理が必要ですが、この費用を負担するのは故障が発生した原因で決まります。

経年劣化による破損なら貸主、故意や利用方法に過失がある場合などは借主が支払うのが一般的です。注意したいのが契約内容であり、原因を問わず借主が負担するような特約が付けられている場合があります。基本的にはこのような特約があった場合でも、過失がなければ貸主が負担するべきであると判断されます。

しかし、特約を承諾して契約をしているので請求に応じないなどトラブルになるので注意しましょう。家賃の支払いの際に費用を差し引くなどの対応もできますが、揉める前に水のトラブルの負担に関して入居前に確認すると良いです。水のトラブルになったときは修理の手配は貸主に任せ、自分で勝手に行わないのが原則です。

契約時に書類に管理会社が記載されていますが、その会社が修理することになります。ただし、深夜に水のトラブルになった場合などは貸主に電話をしても連絡が取れないことがあります。蛇口から少し水が漏れている程度であれば緊急性は高くありませんが、水道管が破裂している場合は時間が経つほど被害が拡大し、他の入居者にも影響が出るので自分で手配しましょう。

あくまでも緊急時のみの対応になります。この場合も費用の負担で揉める危険性があるため、原因が経年劣化であるのか借主側の過失であるのか明確にする必要があります。書類を作成を依頼するか、難しければ貸主に説明させて対応します。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *