賃貸物件の水のトラブルの対応策

賃貸物件で水のトラブルになったときは、他の住人に被害が及ばないように対応が必要です。

水栓を閉めて止められるか調べ、それから管理者に連絡をしてどうするのか判断してもらいます。費用負担の問題があり、無理に自分で修理をして悪化してしまうと過失があったことになります。過失があれば管理者に修理費用を払ってもらえなくなるため、異常な使用方法をしていないのに水のトラブルになったときは応急処置に留め、その後の対応は専門家に依頼した方が良いです。

これもどの会社に依頼すれば良いのか決められていることがあるので、自分で選ぶ手間が省けます。好きか会社を選んで良いと指示されたときだけ、比較して最適なところを探すことになります。水のトラブルで忘れてはならないのが漏電であり、その時点では問題になっていなくても影響が出る可能性があるため、電気会社にも念のため連絡をしましょう。

床下で水漏れが起き、それが階下にまで広がって天井から水が落ちて家財を傷めてしまう水のトラブルもあります。階下の住人から賠償を求められる場合もありますが、床下に何も触れていない場合には設備の老朽化で水道管が破損していると考えられます。

これは管理者側の責任になりますが、当事者だけで話し合いをしても納得せずにトラブルになることがあるので、管理者に連絡した方が良いです。逆に、自分の部屋の天井から水漏れが起きていた場合も当事者だけで対応せずに管理者を通しましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *