水のトラブルの原因を調べましょう

住居内には生活に欠かせない水道設備がありますが、この設備はつまりや水漏れなどの水のトラブルが起こりやすい部分です。

水のトラブルはこのように2つにわけることができるわけですが、つまりや水漏れには必ず何らかの原因が隠れており、その原因を究明することで自分で対応が取れることも少なくありません。例えば、トイレの水のトラブルは便器の水が流れなくなるもしくは流れが悪くなるケース、タンクから水が流れて続けてしまうケースなどがありますが、水が流れなくなったり流れが悪くなる原因は、便器内部に異物が流れを悪くしていることが原因です。

タンクからの水が止まらない場合は、タンク内の部品劣化・故障などが考えられます。トイレットペーパーを一度に大量に流す、これが原因で流れが悪くなることもあり、特に長年使い続けているトイレでは大量のトイレットペーパーが原因で流れが悪くなることもあるのです。タンク内部の構造をある程度把握しておくことで水が流れ続けてしまう原因をしることもできます。

最近はネットでタンク内部の仕組みを解説しているウェブサイトがあるので、タンクからの水がちょろちょろ流れているときなど必見です。蛇口からの水漏れは内部に使っているパッキンの劣化、排水溝のつまりはキッチンであれば食材のカスなどが水をせき止めていることが原因、浴室では髪の毛や皮脂・石鹸のカスなどが内部にたまってヘドロ化することで流れを悪くするなどの水のトラブルが起きることが多いのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *