水のトラブルが起こった時

水のトラブルにはいくつか種類があります。

水道から水が噴出してしまったり、キッチンのシンクに水が流れて行かなくなって溜まってしまったりするものです。トイレの水が止まらなくなったり、逆にトイレが流れなくなる事もあります。バスの排水溝が詰まって排水が溜まるなどです。水のトラブルは一度起こると、日常生活に直に影響が出てしまいますし、生活がままならなくなることも多々ありますので、すぐに業者さんを呼んだ方が良いでしょう。

夜中などに水が噴出してしまったりした緊急事態の場合は、自費で水のトラブル会社に電話をして、すぐに来てもらうのがいいです。集合住宅の場合で多少なんとか我慢ができる場合は、一度管理会社に相談すると良いでしょう。大家さんに掛け合って、料金を会社持ちにしてもらうこともできる可能性があるからです。普段から注意することは、下水や排水溝に余計な物を流さないようにすることです。

100円ショップなどに売っている茶こしを利用することもできます。排水溝の入り口に置くだけでも、細かいごみが流れていくのを防ぐことができます。また、市販の薬剤で髪の毛や脂を溶かして流すものがありますで、自主的に定期的に掃除をするのを心がけると違うものです。バスの場合はどうしても髪の毛が詰まりがちです。一度にやるのはどうしてもおっくうになりがちですので、シャワーのたびに取り除く習慣をつけておくと、掃除も楽になりますし、排水溝の髪の毛詰まりの予防にもなります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *