個人でできる水道詰まりの修理方法

水道詰まりは多くが油汚れ、石鹸カスや洗剤カス、食材のカス、毛髪といった固形物や異物が原因となります。

また、最も水道詰まりが起きやすいのが排水溝で、排水溝とはお風呂やキッチンで水が流れていく場所です。この排水溝には排水トラップという、下水の臭いや虫が湧いてこないようになっていると同時に流れにくい物、詰まりやすい物をキャッチする構造になっています。そこを定期的にお掃除して、清潔な状態を保てば修理する事態はある程度抑える事ができます。排水溝があまり汚れていないのに水の流れが悪い場合、排水管に原因がある事が多く個人でできる水道詰まりの修理はラバーカップを使う、重曹とクエン酸を使う、排水管・パイプの分解洗浄となります。

ラバーカップ、通称スッポンは真空状態を作り、詰まりの原因を引っ張り上げます。重要なのは真空状態を作る事です。使い方は排水溝などに隙間が出来ないように被せ、ゴム部分の半分程度まで水を溜めて、空気を抜くイメージでゆっくりと押します。そして力を込めて一気に引きます。ゆっくり押す、一気に引くをしばらく交互に行い、ゴボっと何かが抜けるような音がしたら成功です。重曹とクエン酸は重曹2に対してクエン酸1程度が一般的です。

まず重曹をまんべんなくふりかけ、クエン酸をその上からふりけます、泡立ってきたら1時間ほど待ち、お湯で洗い流したら終了です。効果としては市販の排水管の洗剤を使用するのとほぼ一緒です。排水管・パイプの分解洗浄ですが、元通りに組み立てなおせる自信がある人以外にはおすすめできません。できる人は取り外して洗浄すると最も詰まりの解消となります。水道詰まりの原因が分からない場合やスマホなどの異物を落とした場合、そして自分で修理する自信がない場合は業者に修理依頼をしましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *