家で雨漏りが発生しやすい箇所とは?

新築住宅を購入したり、注文住宅を建てある程度年月が経過すると気になってくるのがリフォームの時期です。

家の中のリフォームは毎日使っている物だったり、目で見る事が出来る物なので修理や交換、リフォーム時期など把握する事がある程度できますが、外壁や屋根などはなかなか時期がわかりにくいです。外壁や塗装する必要のある屋根材は約10年が目安と言われており、10年を超えてくると防水性が無くなってきたり、色あせなどが目立ち始めるようになります。家の防水性が無くなってくると、外壁や屋根材が水分を吸収しやすくなり家が湿気るようになったり、酷い場合雨漏りし始める事もあります。

カラーベスト屋根に多い事例には、防水性が無くなった屋根材が水分を吸収し、コケが生えたり、劣化していくことによりカラーベストの耐久性が失われます。耐久性が無くなったカラーベストは割れたり、ヒビが入り、その隙間から雨水が入り雨漏りし始めます。慌てて業者に依頼し屋根塗装をしても割れている屋根材を交換してもらえない限り一時的に雨漏りは止まってもすぐにまた再発します。

瓦屋根で雨漏りが起こりやすい箇所は谷と呼ばれる部分で、一昔前に建てられた瓦屋根の谷部分に使用されてる銅板に穴が開いて起こる雨漏りなどが多く、酸性雨や長年一か所に雨水が当たる事で銅板が薄くなって起こります。どちらも割れたり、穴が開いている材料自体を交換しなければ一時しのぎにしかなりません。リフォームする際にしっかり業者と打ち合わせする事で、良いリフォームが出来ます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *