見つけ難くなった家の雨漏り

断熱材の普及により、雨漏りが見つけ難くなりました。

昔の家には断熱材が入っていないため、雨漏りがあると、天井を通して室内に水滴が垂れるので、すぐに発見できました。現代の家は天井裏に断熱材が張ってあるために、水を溜めることができ、発見が遅れてしまいます。発見が早いほど家の痛みは少なく、補修の程度も軽くて済みます。建物本体の傷みが進んでしますと、補修に手間と予算がかかることになります。雨漏りを早期に発見するためには、ちょっとした変化を見逃さないことが大切です。

変化には壁や天上にできるシミがあります。壁や天井は普通の使用ではシミができることは無く、少しでもシミができたら、雨漏りを疑うことが早期の発見につながります。雨は屋根以外から漏ることもあります。屋根と外壁のとり合い部分や、サッシ廻りなどは雨が漏りやすい場所です。塗装替えが必要な場合は、工事中に点検をすることが有効です。塗装工事は単に塗料を塗るだけではなく、屋根材や下地の補修も工事範囲に含みます。

塗装替えを一定期間ごとに行うことは、屋根の点検にもつながります。屋根や外壁の防水は、内部に張られているアスファルトルーフィングなどの防水材料が担います。表面に張られている材料は、必ずしも完璧な防水を行っているわけではありません。アスファルトルーフィングは、表面の材料が壊れていない限り、簡単に老朽化するものではありません。屋根や壁は表面の材料を健全に保つことが大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *