家が雨漏りになってしまったら

雨降りが多い時期は色々なことが心配かと思われますが、家の雨漏りを心配される方は少なくないと思います。

特に、住んで何十年も経つ家だったり、激しく老朽化が進んでいたりすると不安ですよね。突然雨漏りがし始めたり、台風や豪雨の時雨漏りしてしまうなどの問題は多くの家で起こっています。そんなとき、応急処置ができたり、修理費用をしりたいですよね。もちろん専門化に相談することが1番いいですが、手間がかかってしまって面倒だという人のために、一般的に発生しやすい箇所や応急処置をご紹介します。

また、だいたい、修理をしたらいくらくらいになるのかを参考価格としてご紹介していきます。まず、1番発生しやすい場所は、屋根の棟板金やネジの浮きによるもの、スレートのひび割れによるもの、漆喰の崩れによるものがあります。これらの応急処置として、ブルーシートを活用する方法を推奨します。たくさんの場で活躍しているブルーシートは多くの人がご存知だと思いますが、これを屋根の上にかぶせ雨が侵入するのを防ぎます。見た目はあまりよくないですが、応急処置としてはとても活躍してくれます。

ホームセンターなどで簡単に手に入れることができます。実際に修理に出した時の、修理費用はもちろん状態によってまちまちですが、例えば上記のような状態だった場合の目安で、棟板金やネジの浮気の場合は30万から100万ほどです。スレートのひび割れは数万になります。漆喰の崩れに関しては、30万から80万くらいになります。ただこれは目安ですので、しっかり金額を知りたい方は、業者に相談をお願いします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *