雨漏りは早期発見・早期対策で家を守ろう

家のトラブルは多岐にわたり、小さいものから大きいものまでありますが、そんな中でも住まいを揺るがすトラブルが「雨漏り」です。

雨が降った時に起こる現象だけに、最初は気づきにくいことが多いのですが、その間に大事な家をむしばんでいる可能性もあります。そこで、雨漏りの時の早期発見ポイントを確認しながら、対処法を考えてみましょう。雨降りの夜、眠りにつくと「ポタ、ポタ」と天井から音が聞こえたら雨漏りを疑いましょう。また、天井や壁に茶色いシミが出来ているような場合・天井から水が滴りおちてくるようになれば確実に雨漏りがあります。

そこで大事なのが、早く対策をとることです。まずは、原因を見つけることが大事です。原因として挙げられる中で一番多いのが、年月が経つ中で消耗して起こる経年劣化です。その他に、まだ築年数が浅いのに雨漏りがある場合には、施工ミスも考えられます。原因を探り、対策をとる際に「自分でするか、業者に頼むか」を考えることになりますが、築年数が浅い場合で、家の保証がある場合は迷わず業者に相談してみましょう。

そうでない場合、自分で原因を究明して、修理をすることは難しいので、やはり業者に頼むほうが賢明でしょう。そのまま放置をしていては、知らぬまに、天井裏では家を支える木材が腐ってきたり、カビがわくことで健康被害も考えられます。とりあえずの応急処置として、屋根にブルーシートを設置し、しっかりと業者を比較した上で、きちんと対策をすることが大事です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *