今でも家の雨漏りが発生する理由

科学技術の発達した現代においても、家の雨漏りはなくなりません。

どうして家の雨漏りがなくならないかには、理由があります。理由の一つに、経済性の優先があります。建材は最高の性能を得ることを目的につくられるのではなく、いかに必要最低限の製品を安くつくるかに重点がおかれています。せっかくの科学技術が、良い製品をつくるためではなく、経済性を優先した製品をつくるために使われているので、いつまでたっても家の雨漏りを防ぐことはできません。

さらに理由として、自然現象に対する理解不足があります。雨が漏る現象は自然現象です。水は高いところから低いところに、物理の法則により流れます。人間の考えに配慮することなく、ただ、自然の法則により発生するのが雨漏りです。現代人の考える恰好の良い家の屋根は、平らなことがあります。しかし、水は平らな場所には長く滞留し、その結果、雨が漏りやすくなります。雨水を早く流すためには勾配屋根が必要です。

勾配が付いていれば、他の欠点を隠してくれ、雨水は速やかに流れてくれます。建材があまりにも精緻だと、毛細現象により雨が漏ることになります。瓦屋根は瓦を隙間を持って並べていますが、雨は漏れません。あまりにも材料が密着しすぎているよりも、適度な隙間のある方が、水は漏れ難くなります。工業生産された現代の建材は、精緻なために、かえって雨が漏りやすい皮肉な現象を発生させています。これらが、科学技術が発達した現代においても、家の雨漏りがなくならない理由です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *